電話エッチとしてのSNS

出会い系サイト攻略をうんうんと考えるなら、視点を変えてSNSの存在意義について考えてみましょうか。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、どういうイメージを抱いていますか?ビジネスやゲームする為もありますが、出会い系サイトとして考えている人が多くないでしょうか?
SNSには大手で、Facebook、mixi、GREE、Myspaceなどがあります。これからのSNSであれば利用料金なしで、広告収入で運営されています。それに対してユーザーから利用料金を徴収して運営されているSNSもあるのです、それが出会い系サイトの有料版ですね。
例外もあって、GREEなどでは有料の部分もあってその利用料金が高額な所もあるので注意が必要ですね。
SNSの人気の秘密は会員の多さで、交流出来る点が一番の要因でしょう。それらの集まりとして趣味や嗜好によるコミュニティでの興味が皆そそられる部分もありますよね。
人が集まる場所なのですが、SNSは出会い系サイトとは違うと公式に否定しています。禁止事項でmixiは、「面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為」と謳われて、GREEの場合であれば、「異性との出会いを求める利用はしない」や「反社会的行為やわいせつな行為」を禁止事項としています。
それでも人と人が出会う場所を作っているのですから、そのようなコミュを作られているのが現状ですよね。人が集まれば出会いを求めるし、どうしてもそうなってしまいますものね

関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ